第十二回 1986年11月 サイエンスプロムナード −19世紀までの科学・技術書展−

 

展示にあたって

  この度の展示は附属図書館の所蔵する資料の中から,ユークリッド,ヴィトルヴィウスよりケプラー,ニュートン,ファラデー,ダーウィンを経て,ファーブル,マッハ,ワインバーグ等に及ぶ,科学史上にあらわれた重要な人物の著作物を展示した。
 これらの著作物はいずれも近代自然科学に多大な影響を与えた人々のものであり,これらの書物を通して,科学・技術の発達の一端を垣間みて頂ければ幸いである。

 

 

1.Eukleides,Ca.B.C.300                                       

 

Elementorvm libri XV.vna cum scholijs antiquis.A Federico
Commandino vrbinate nvper in Latinvm conuersi,commentarijsque
quibusdam illustrati.Pisavri,Apvd Camjllvm Francjschjnvm,
1572.[12],255 leaves.illus.(diagrs)32×22cm.

 ユークリッドはギリシア幾何学の大成者。本書「原論」は,コマンディーノ
のラテン語訳であり,16世紀において最も正確で学問的翻訳とされ,現代に至
るまで翻訳の基本になっている。

 

2.Vitruvius Pollio,Marcus,Ca,B.C.1c.

 

L'architecttura di M.Vitruvio Pollione colla traduzione Italiana e
comento del Marchese Berardo Galiani.Napoli,S.Simoniana,1758.
4 leaves,xxxii,462p.25 plates.42×26cm.

 ヴィトルヴィウスはローマの建築家,建築理論家。本書「建築書」は,建築
のほか,ローマの給水工事及び軍用機械の設計に携わり,その経験をもとに著
したものである。古代唯一の建築理論書。本館所蔵本はガリアーニのイタリア
語訳であり,ヴァチカン写本を元にしたラテン語テキストとの対訳書である。

 

3.Plinius Secundus,C.,23-79.

 

Natvralis historiae prima[-tertia]pars.[Venetiis,in aedibvs
haeredvm Aldi et Andreae Asvlani Soceri]1535-38.4 vols.16×11cm.

 プリニウスはローマの政治家,著述家。本書「自然誌」は,最も初期のイタ
リック体活字によるアルド版である。

 

4.Alhazen,ca.965-1038(39)

 

Opticae thesavrvs.Alhazeni Arabis libri septem,nuncprimum editi.
Eivs dem liber de crepvscvlis & nubium ascensionibus.Item Vitellonis
Thvringopoloni libri X.Omnes instaurati,figuris illustrati & aucti,
adiectis etiam in Alhazenum commentarijs,a Federico Risnero.
Basileae,Episcopios,1572.288,474p.33×24cm.

 アルハゼンはアラブ系の物理学者,数学者。更に天文,哲学、医学にも通じ
多くの著述を残した。特に光学に関する「視学論」は後世に大きな影響を与え
た。本書はそのラテン語訳で,眼から対象物に視光線が送られるとするユーク
リッドやプトレマイオスの説に対して,太陽や他の光源から出た光が物体に当
って眼に入るとする説を立て,入射角および屈折の実験法を示した。

 

5.Biringuccio,Vannuccio,1480-1539?

 

Pirotechnia.Venetia,Appresso P.Gironimo Giglio,e compagni,
1559.345, 7 leaves.17×12cm.

 ビリングッキィは鉱山管理者であり,イタリアの名家エステ家,フアルネー
ゼ家の軍事上の顧問。本書は「金属学ハンドブック」(第4版)。

 

6.Agricola,Georg,1494-1555.

 

De re metallica libri XII.qvibus officia,instrumenta,machinae,ac omni
omnia deniq ad metallicam spectantia,non modo lucluentissime
describuntur,sed & per effigies,suis locis insertas,adiunctis latinis,
germanicisq appellationibus ita ob oculos ponuntur,ut calrius tradi non
possint.Basileae〔apvd.H.Frobenivm et N.Episcopivm]1556.538,[74]p.
30×21cm.

 アグリコラはドイツの医師、冶金学者。本書はアグリコラがおよそ20年の歳
月を費した16世紀の鉱山冶金接術の集大成である。これは単なる冶金学書にと
どまらず,近代技術の夜明けを告げる画期的な技術書である。推定でなく実際
の作業に基づいて描かれた数百枚の木版画も本文に劣らぬ価値を持っている。

 

Labacco,Antonio,b.ca.1495.

 

Libro d,Antonio Labacco appartenente a l'architettvra nel qval si
figvrano alcvne notabili antiqvita di Roma. Roma,in casa nostra,1557.
36 leaves,Plates,Plans.42×29cm.
Cat.no.8 Vignolaを参照。

 ラバッコはイタリアの建築家,彫刻家。本書は,建築に関する著書である。
又ローマのサンピエール教会に彫刻も残っている。

 

7.Galland,Pierre,1510−1559,ed.

 

De agrorvm conditionibus,& constitutionibuslimitum,Sicvli Flacci lib.
T.Tvlii Frontini lib.T.Aggeni Vrbici lib.TT.Hygeni Gromatici lib.TT.
Variorvm avctorum.Parisiis,Apud A.Turnebum typographum
reglum,1554.2 leaves,256p.6 leaves,20p.23×16cm.

ガーランはエール生れのフランス人。パリで古典言語と哲学を学び,後年大
学で修辞学やギりシア語を教えた。本書はフランドルで彼によって発見された
写本に基づく測量書である。

 

8.Vignola,Giacomo Barozio da,1507−1573.

 

Regola delli cinque ordini d'architettvra.[Roma,1563]32 plates.
42×29cm.Preceded by Antonio Labacco(b.ca.1495)Libro d'Antonio
Labacco appartenente a l'architettvra nel qval si figvrano alcvne
notabili anttiqvita di Roma,Roma.in casa nostra,1557.36 leaves.

 ヴィニョーラはイタリアの建築家。本書は,古代建築の理論書「五柱式の法
則」であり,これはその後2世紀にわたって建築学上の経典と見なされた。


 

9.Vignola,Giacomo Barozio da,1507−1573.

 

Cours d'architecture qui comprend les ordres de Vignole,avec des
commentaires,les figures et descriptions de Michel−Ange,avec une
ample explication par ordre alphabetique de tous les termes,Par le
Sieur Daviler.T.l.Paris,Nicolas Langlois,1696.355p.illus.plates.
21×16cm.

10.Besson,Jacques.16th cent.

 

Theatrvm instrvmentorvm et machinarum.Cum Franc.Beroaldi
figurarum declaratione demonstratius.Lvgdvni,Apud B Vinoentium,
1578. [22]p.60 plates.40×28cm.

ベッソンはフランスの技術家,数学者。近世最初の機械工学書「機械の劇場」
(1569年)を出版したが,本書はその1578年版である。


 

11.Scamozzi,Vincenzo,1548−1616.

 

L'idea della architettura universale.Venettis,Giorgio Valentino,1615.
2 vols.in 1,illus.35×24cm.

 スカモッツィはヴェネツィア,ヴィンチェンツァで活躍したルネッサンス後
期の建築家。サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会,テアトロ・オリンピコの
舞台装置など数多くの設計をした。イタリア,ドイツの各地を旅行し,その結
果刊行した本書は,アルベルティの「建築書」をはじめとするルネッサンス期
の一連の建築書の最後を飾るもっともアカデミックな理論的業績である。特に
影響を与えたのはオーダー(柱式)についてであり,その後各国語に翻訳され
標準的な建築ハンドブックとして全ヨーロッパに普及した。

 

12.Kepler,Johannes,1571−1630.

 

Epitome astronomiae copernicanae usitata froma quaestionum &
responsionum conscripta,inque VII libros digesta,quorum tres hi
Proires sunt de doctrina sphaerica.Lentijs & Danubium,excudebat
Johannes Plancus,1618.14 leaves,417p.illus.diagrs.17×10cm.

 ケプラーはドイツの天文学者。本書は,コペルニクス天文学の要約である。
プラハ を去りリンツで中学教師のかたわら著したもので,彼の最も影響力の
あった著作であ ったが,出版後ただちにカトリック教会の 禁書とされた。

 

13.Bartholinus,Thomas,1616−1680.

 

De insolitis partus humani viis dissertatio nova.Accedunt…
Johannis Veslingi‥De pullitie Aegyptiorum & aliae ejusdem
observationes anatomicae & epistolae medicae posthumae.
Hafniae,Typis M.Godicchenii,sumptibus P.Haubold,1664.[8],248,[8],
248p.16×10cm.

バルトリンはデンマークの解剖学者。バルトリン腺によりその名を知られる。

 

14.Voss,Isaak,1616−1689.

 

De Nili et aliorum fluminum origine.Hagae,Adrian Vlacq,1666.170p.
2 fold.maps.24×16cm.

 フォスはオランダの中世の古典語学者。スウェーデンのクリスティー女王の
宮廷司書となり,後イギリスに定住し,ロンドンで没。古代の地理学者Skylax
とMelaの著書を校訂出版し,さらに古典の作詩法も研究した。


 

15.Fabretti,Raffaele,1618−1700.

 

Raph.Fabretti Gasparis f.Urbinatis de aquis et aquaeductibus veteris
Romae dissertationes tres.Romae,Ioannis Baptistae Bussotti,1680.
193p.illus.3 fold.maps.25×17cm.

 ファブレッティはイタリアの考古学者,法律家。本書はローマ市の水道とそ
の歴史,給水量や方法について記したフロンティヌスの著書を解説した3つの
論文である。


 

16.Newton,Sir Isaac,1642−1727.

 

Arithmetica universalis;sive de compositione et resolutione arithmetica
liber.Cantabrigiae,Typis Academicis;Londini,Impensis Benj.Tooke,
1707.[8]343p.diagrs.20×12cm.

 ニュートンはイギリスの物理学者。本書「一般算術」は方程式論等の代数学
上の著作である。


 

17.Newton,Sir Isaac,1642−1727.

 

optics:or,a treatise of the reflections,refractions,inflections and
colours of light.2d ed.London,W.and J.Innys,1718.382p.11 fold.
pl.21×13cm.


 

18.Newton,Sir Isaac,1642−1727.

 

Philosophiae naturalis principia mathematica.Perpetuis commentariis
illustrata,communi studio pp.Thomae Le Seur & Francisci Jacquier.
Barrill & Filii Bibliop.,1739−1742.3 vols.illus.25×20cm.


 

19.Maclaurin,Colin,1698−1746.

 

An account of Sir Isaac Newton's philosophical discoveries,in four
books.London,Author's Childrem,1748.xx,392p.illus.27×22cm.

 マクローリンはイギリス(スコットランド)の数学者。大学教授でニュート
ンの学友である。幾何学および微分学に業績がある。その著「Treaties of
fluxions」(1742年)にはマクローニンの定理として有名な級数展開に関する定
理も書かれている。


 

20.Maupertuis,Pierre Louis Moreau de,1698−1759.

 

Oeuvres de Mr.de Maupertuis.Nouvelle ed.Lyon,Jean−Marie Bruyset,
1756.4 vols.20×18cm.

 モペルテュイはフランスの数学者,天文学者。イギリスに渡りニュートンの
学説を研究,目的論的自然観に基いて最小値原理から光の屈折法則を導く事を
試み力学に通用して“最小作用の原理”を立てた。天文学説ではニュートン重
力説を支持,デカルトの渦動説に反対した。


 

21.Mayer,Johann Tobias,1723−1762.

Super legen actionis vis electricae repulsivae in distantiam experimenta
et disquisitiones.Gottingae,Henricum Dieterich,1823.(Commentationes
Societatis Regiae Scientiarum Gottingensis recentiores,VOl.5)

 メイヤーはドイツの数学者,天文学者。ゲッティンゲン大学教授。月の研究
に貢献し,月に大気圏のないことを指摘したほか,月の図を作成した,また数
個の恒星の固有運動を確認した。


 

22.Mayer,Johann Tobias,1723−1762.

 

Lex Mariotti ex principiss theoreticis deducta praelectio physica.
Gottingae,Sumtibus Dieterichianis,1828.(Commentationes Societatis
Regiae Scientiarum Gottingensis recentiores,vol.6)

23.Haller,Albrecht von,1708−1777.

 

Observationes botanicae ex horto et agro Gottingensi.Gottingae,
Viduam Abrami Vandenhoeckii,1752.(Commentarii Societatis Regiae
Scientiarum Gottingensis,tomus 1)

 ハラーはスイスの解剖学者,生理学者,植物学者,詩人。ゲッティンゲン大
学教授。近代実験生理学および生物学の建設者,解剖学上では種々の発見があ
り,その名を残している。植物学者としてはリンネの反対者である。又啓蒙期
の詩人として抒情詩、教訓詩を残している。


 

24.Haller,Albrecht von1708−1777.

 

Ad figuram nervorum cordis lateris sinistri cl.Tvuenis Anderschii
discipuli sui divinatio.Gottingae et Gothae,Ioan.Christ.Dieterich,
1772.(Novi commentarii Societatis Regiae Scientiarum Gottingensis,
tomus 2)

25.Euler,Leonhard,1707−1783.

Determinato orbitae cometae qui mense Martio hujus anni 1742.
potissimum fuit observatus.Berolini,Joh.Gothofr.Michaelis,1743
(Miscellanea Berolinensia ad incrementum Scientiarum ex scriptis
Societati Regiae scientiarum…tomus 7)

 オイラーはスイスの数学者・物理学者。ペテルブルグ学士院・ベルリン学士
院数学教授。数学・物理学のほか、医学・植物学・化学・神学更に東洋諸国語
に及ぶ該博な知識を持ち,多数の論文を発表した。当時の数学の諸分科で彼の
寄与をみないものはないといわれ,変分学の創始にラグランジュと共に尽力し
た。その著「無限解析概論」(1748)で函数の概念を初めて定立した。


 

26.Lavoisier,Antoine Laurent,1743−1794.

 

Traite elementaire de chimie,Presente dans un ordre nouveau et
d'apres les decouvertes modernes.Nouvelle edition,a laquelle on a
joint la nomenclature ancienne & moderne.Paris,Cuchet,1789.
3 vols.20×13cm.

 ラヴォアジェはフランスの化学者。フランス革命に際し,王制の微税機構に
加わって財産を作っていた前歴を問われ、投獄処刑された。本書「化学要論」
は彼の研究を集大成したもので,近代化学の原理と方法を定式化し新しい用語
によって述べた古典的著作である。


 

27.Montucla,Jean Etienne,1725−1799.

 

Histoire des mathematiques.Paris,C.A.Jombert,1758.2vols.15fold.
Plates.27×20cm.

 モンテュクラはフランスの数学者。本書はフランスの近代数学史学の創始者
モンテュクラの代表作。17世紀および彼の生きた時代の数学界の動向を知る上
で,貴重な資料。


 

28.Gmelin,Johann Friedrich,1748−1804.

 

Comentatio de circonio lapide,et plumbi cum cupro mistura,nec non
de cacto peruviano.Gottingae,Jo.Christian Dieterich,1793.
(Commentationes Societatis Regiae Scientiarum Gottingensis,vol.11)

 グメーリンはドイツの化学者・植物学者。テュービンゲン及びゲッティンゲ
ン大学の医学・化学の教授。植物学・鉱物学にも研究書があり,主著に「化学
史」3巻がある。


 

29.Frank,Johann Peter,1745−1821.

 

Observationes medico−Chirurgicae.Gottingae,Jo.Christian.Dieterich,
1786.(Commentationes Societatis Regiae Scientiarum Gottingensis,
vol.7)

 フランクはドイツの医者。ゲッティンゲン大学教授,近代公衆衛生学の創始
者の一人であり,衛生学を法医学から分離して独立の科目とした。著書に「医学
行政大系」がある。


 

30.Thunberg,Carl Peter,1743−1828.

 

Flora Iaponica.Lipsiae,1784.lii,418p 39 plates.22×13cm.

 ツンベルクはスウェーデンの薬学者・医学者・植物学者。滞日中,桂川甫周
中川淳庵らを指導し,日本の植物学・博物学の発展に貢献。シーボルト以前に
おける日本研究の第一人者。本書は主著「日本植物誌」である。


 

31.Ampere,Andre−Marie,1775−1836.

 

Essai sur la philosophie des sciences,ou,Exposition analytique d'une
classification naturelle de toutes les connaissances humaines.Paris,
Bachelier,1834.1xx,272p.21×13cm.

 アンペールはフランスの物理学者。アンペールの法則の発見者。電流の単位
アンペアは彼の名からきている。


 

32.Blumenbach,Johann Friedrich,1752−1840.

 

Decas tertia collectionis suae craniorum diversarum gentium illustrata.
Gottingae,Jo.Christian Dieterich,1796.(Commentationes Societatis
Regiae Scientiarum Gottingensis,vol.12〉

ブルーメンバハはドイツの医学者・人類学者。ゲッティンゲン大学教授,動
物学を比較解剖学から独立させ生理学を医学の基礎と見なした。人類学では人
類の一元性を強調し,人類の相異は人間固有の性質が風土・遺伝等の諸要素に
より身体的,文化的に種々の段階にあるにすぎないとした。


 

33.Karsten,Karl Johann Bernhard,1782−1853.

 

Uber die Verbindung des Eisens mit Kohle.Berlin,Koniglichen
Akademie der Wissenschaften,1825.(Abhandlungen der Koniglichen
Akademie der Wissenschaften zu Berlin.Aus den Jahren 1822 und 1823)

カルステンはドイツの冶金学者。現代冶金工学の創始者。主著「Handbuch
der Eisenhuttenkunde」(1816)によって,従来の経験的冶金術に初めて科学
的基礎を与えた。


 

34.Gauss,Karl Friedrich,1777−1855.

 

Disquisitiones generales circa seriem infinitam.Gottingae Henricum
Dieterich,1813.(Commentationes Societatis Regiae Scientiarum
Gottingensis recentiores,vol.2)

 ガウスはドイツの数学者・物理学者・天文学者。ゲッティンゲン大学教授兼
天文台長。研究領域を純粋数学を超えて,天文学・測地学・電気磁気学などに
拡げ,経験科学の分野に理論数学的問題を見い出した点にガウスの研究上の特
徴が認められる。


 

35.Bessel,Friedrich Wilhelm,1784−1846.

 

Untersuchungen uber die Bahn des Olbersschen Kometen.Berlin,
Realschul-Buchhandlung,1816.(Abhandlungen der Koniglichen Akademie
der Wissenschaften in Berlin.Aus den Jahren 1812-1813)

ベッセルはドイツの天文学者。ケーニヒスベルク天文台初代台長(1811−13)。
白鳥座61星の視差の測定,シリウス星の暗黒伴星の存在の予測,子午線天文学
の研究等を行う。ベッセル函数で有名である。


 

36.Siebold,Philipp Franz von,1796-1866.

 

Flora Japonica;sive,plantae,quas in imperio Japonico collegit,
descripsit,ex parte in ipsis iocis pingendas curavit.Lugduni,1835-1844.
25 vols.in portfolio.126 plates.42×32cm.

 シーボルトはドイツ人であり,長崎出島のオランダ商館の医師として幕末の
日本に滞在。蘭学の発展に大きく貫献。日本研究の第一人者。本書は,Nippon
(日本),Fauna Japonica(日本動物誌)とともに,シーボルトの不朽の著作で
ある。


 

37.Faraday,Michael,1791-1867.

 

Chemical manipulation;being instructions to students in chemistry,on
methods of performing experiments of demonstration or of research,
with accuracy and success.London,W.Phillips,1827.656p.22×14cm.

ファラデーはイギリスの化学者,物理学者。

 

38.Faraday,Michael,1791-1867.

 

Experimental researches in chemistry and physics.London,Richard
Taylor and  William Francis,1859.viii,496p.plates.23×15cm.

39.Grassmann,Hermann,1809-1877.

Die Ausdehnungslehre von 1844,oder die lineale Ausdehnundslehre,ein
neuer Zweig der Mathematik.2.,im Text unveranderte Aufl.
Leipzig,Otto Wigand,1878.xxxiv,301p.fold.pl.22×14cm.

 グラースマンはドイツの数学者。本書は主著「広延論」でありベクトル解析
の基礎を作り,線型作用素研究の先駆をなした書である。


 

40.Grassmann,Hermann,1809-1877.

 

Hermann Grassmanns gesammelte mathematische und physikalische
Werke,Bd.1,T.1; die Ausdehnungslehre von 1844 und die geometrisch
geometrische Analyse.Leipzig,B.G.Teubner,1894. xi,435p.port.
45×16cm.

41.Darwin,Charles,1809-1882.

On the origin of species,by means of natural selection,or the
preservation of favoured races in the struggle for life.London,John
Murray,1859.ix,502,32p.20×18cm.

 ダーウィンはイギリスの博物学者,進化論者。本書「種の起源」は,各地の
博物学的観察で生物進化の信念をえて刊行し,生物進化の事実を提示し,自然
陶汰説を樹立した。「人間の由来と雌雄選択」(Cat.42)など動物学、植物学なら
ぴに人類についての研究の著作を多く残した。


 

42.Darwin,Charles,1809-1882.

 

The descent of man,and selection in relation to sex.London,
John Murray,1871.2 vols.illus.19×13cm.

43.Darwin,Charles,1809-1882.

 

The expression of the emotions in man and animals. London,John
Murray,1872.vi,374,4p. 20×18cm.

44.Helmholtz,Hermann Ludwig Ferdinand von, 1821-1894.

 

Die Lehre von den Tonempfindungen als physiologische Grundlage fur
die Theorie der Musik.5.Ausgabe. Braunschweig,Friedrich Vieweg,
1896,23×15cm.

 へルムホルツはドイツの生理学者,物理学者。彼は発明の才,練達な実験,
数学の知識,哲学的洞察を駆使して多くの学問的分野にすぐれた業績を残した。


 

45.Lie,Sophus,1842-1899.

 

Theorie der Transformationsgruppen. Leipzig,B.G.Teubner,1888.3
vols.25×17cm.

リーはノルウェーの数学者。変換の一般理論の研究の基礎を樹立。連続群
(リー群)の理論の創始者。


 

46.Zittel, Karl Alfred von,1839-1904.

 

Geschichte der Geologie und Palaontologie bis Ende des 19.
Jahrhunderts.Munchen,R.Oldenbourg,1899.23×15cm.

 ツィッテルはオーストリアの古生物学者。リビア砂漠の探検(1873−74)に
加わる。古動物分類学を体系化した。


 

47.Shelley,G.E.,1840-1910.

 

A handbook to the birds of Egypt.Lnodon,John van Voorst,
Paternoster Row,1872.342p.col.illus.27×16cm.

 シェリ−は英国近衛歩兵連隊のCaptainであり,王立地理学会の会員で,エ
ジプトの鳥学の研究家である。本書は,エジプトの鳥類に関する便覧である。
Cat.47 エジプト・ヌビアの「ノスリ」


 

48.Wallace,Alfred Russel,1823-1913.

 

Darwinism; an exposition of the theory of natural selection with some
of its applications.London,Macmillan,1889. xvi,494p. port. fold.
map,21×19cm.

 ウォレスはイギリスの博物学者,社会思想家。植物学,生物生態学を研究。
バリ島とロンボク島の間に動物分布上有名な〈ウォレス線〉を画した。自然陶
汰説を主張,ダーウィンとともにリンネ学会で発表。オーエンの影響下に土地
国有論を主張した。


 

49.Fabre,Jean Henri,1823-1915.

 

Souvenirs entomologiques; etudes sur l'instinct et les moeurs des
insectes.Edition definitive illustree.Paris,Librairie Delagrave,
1923-1924.11 vols. illus.26×17cm.

 ファーブルはフランスの昆虫学者。自活・独学で教員免状を修得。昆虫の生
態研究に専心。本書は著名な「昆虫記」である。


 

50.Mach,Ernst,1838-1916.

 

Die Mechanik in ihrer Entwickelung.5.verb.und verm.Aufl.Leipzig,
Brockhaus,1904.xii,561p.illus.19×12cm.

 マッハはオーストリアの物理学者,哲学者。近代科学思想史におけるマッハ
主義(マッハに始まる)の影響は大きく,超音速およびジェットの研究で有名
である。本書は主著「力学」と「感覚の分析」(Cat.51)である。


 

51.Mach,Ernst,1838-1916.

 

Die Analyse der Empfindungen und das Verhaltnis des Physischen zum
Psychichen.9.Aufl.Jena,Gustav Fischer,1922.xii,323p.24×16cm.

52.Cajori,Florian,1859-1930.

 

A history of mathematics.New York,Macmillan,1897.
xiv,422,21p.21×13cm.

 カジョリはアメリカの科学史家。物理学史および数学史に関する多くの著作
がある。晩年,ニュートンの「Principia」を翻訳。本書は主著「数学史」であ
る。


 

53.Fleming,John Ambrose,1849-1945.

 

The propagation of electric currents in telephone and telegraph
conductors.New York,D.van Nostrand,1911.xiv,316p.23×14cm.

 フレミングはイギリスの電気学者。電磁気学の研究,電流・磁場・導体の運
動の3方向に関する法則(フレミングの法則)は有名であり,二極真空管を発
明(1904)した。


 

54.Lorentz,Hendrik Antoon,1853-1928.

 

Versuch einer Theorie der electrischen und optischen Erscheinungen in
bewegten Korpern.Leiden,E.J.Brill,1895.138p.24×16cm.

 ロレンツはオランダの物理学者。磁気が放射現象に及ぼす影響の研究に対し
て,ゼーマンと共にノーベル物理学賞を受賞(1902)。
 本書はライデン大学数理物理学教授の時の著作で,ノーベル賞受賞の対象と
なった「運動体における電気的光学的現象についての試論」である。


 

55.Planck,Max,1858-1947.

 

Vorlesungen uber Thermodynamik.Leipzig,Veit & Comp.1897.
vi,248p.24×16cm.

 プランクはドイツの理論物理学者。カイザー・ヴィルへルム研究所総裁
(1930−37)。輻射エネルギーの不連続性の仮定(1900)は物理学史上不朽の功
績であり,ノーベル物理学賞を受賞(1918)。本書は「熱力学講義」である。


 

56.Einstein,Albert,1879-1955.

 

Mein Weltbild.Amsterdam,Querido,1934.269p.21×14cm.

 アインシュタインはアメリカ(ドイツ生れ)の物理学者。

 

57.Aston,Francis William,1877-1945.

 

Isotopes.London,Edward Arnold,1922.viii,152p.illus.23×14cm.

 アストンはイギリスの化学者、実験物理学者。質量分析器により元素の大多
数について同位元素の存在を測定。これに対してノーベル化学賞を受賞(1922)。
 本書2冊は彼の主著作で『Isotopes』(1922)はノーベル賞受賞の対象となっ
たものである。


 

58.Aston,Francis William,1877-1945.

 

Mass-spectra and isotopes.London,Edward Arnold,1933.xi,248p.
24×15cm.

59.Richardson,Owen Willans,1879-1959.

 

The electron theory of matter.Cambridge,Univ.Press,1914.
vi,612p.23×15cm.

 リチャードソンはイギリスの物理学者。熱電現象の研究,とくに彼の名でよ
ばれる法則〈リチャードソンの効果〉の発見に対してノーベル物理学賞を受賞
(1928)。熱電子管の基礎を確立した。


 

60.Heisenberg,Werner,1901-1976.

 

Wandlungen in den Grundlagen der Naturwissenschaft.2.erW.Aufl.
Leipzig,S.Hirzel,1936.63p.23×15cm.

 ハイゼンベルクはドイツの理論物理学者。マックス・プランク研究所長(19
42)。量子力学の確立およぴなかでも水素の同位体の発見に導いたその応用に対
してノーベル物理学賞を受賞(1932)。


 

61.Staudinger,Hermann,1881-1965.

 

Anleitung zur organischen qualitativen Analyse.2.neubearb.Aufl.
Berlin,Julius Springer,1929.xv,144p.16×14cm.

 シュタウディンガーはドイツの化学者。巨大分子化学研究所長(1940)。プラ
スチックが単純な構成分子が直線状に配列した重合体であることの研究とその
成果に対してノーベル化学賞を受賞 (1953)。


 

62.Lee,Tsung-Dao,1926-

 

Particle physics and introduction to field theory.Chur,Harwood
Academic Pub., c1981.865p.23×16cm.

 リ−(李政道)はアメリカ(中国生れ)の物理学者。コロンビア大学正教授
(1956)。素粒子に関する重要な発見につながる偶奇性についての洞察的な研究
に対して楊振寧(1922− )とともにノーベル物理学賞を受賞 (1957)。


 

63.Weinberg,Stevem,1933-

 

Gravitation and cosmology: principles and applications of the general
theory of relativity.New York,John Wiley,c1972.ix,657p. 24×17cm.

 ワインバーグはアメリカの物理学者。サラムとともにノーベル物理学賞を受
賞 (1979)。繰り込み可能な理論における確率振幅の高エネルギーの振舞いに関
する基本的定理(ワインバーグ・サラムの理論)が有名。


 


 

展示の部屋へ戻る