特別展 1996年1月 科学・技術の古典

 

ごあいさつ

学校法人東海大学理事
東海学学長 松前 紀男

  東海大学図書館所蔵の桃園文庫のなかから、平安朝文学を中心とした特別図書展を昨年1月に開催いたしましたところ、各方面より大変ご好評をいただき、このたび第2回目の特別図書展を「科学・技術の古典」をテーマとして開催することになりました。
 現代の科学・技術の発展は目覚ましく、主として自然科学に基礎をおいた技術の発展は、人間の生活をひじょうに便利なものにいたしました。しかしその反面、公害や地球環境の破壊、軍拡競争、人間疎外といった深刻な問題点も数多く指摘されております。本学園では、人と技術、社会と自然、開発と環境が調和した新しい文明社会の建設をめぎした教育を行っており、技術革新の道を前進させながらも、常に科学・技術の原点に立ち返る姿勢が必要であると考えております。我々人類が明るい未来を切り拓いてゆくためにも、科学・技術における先達の遺産である古典を振り返りその歴史を見つめなおすことは、現在我々が抱える諸問題を解決する糸口を見つけることにつながるのではないでしょうか。
 本展示会では、このような科学・技術の原点である本学所蔵の多くの古典を厳選し、4つのグループに分類いたしました。「ヒポクラテス」「ユークリッド」「アルキメデス」といった起源としての『ギリシャ、アラビア・ローマの技術』から『ルネサンス期の軍事・建築の技術』、『ニュートン科学と近代科学の成立』、そして『近代科学と日本との関係』、いずれも研究史上に重要な意義をもつ古典を体系的に展示しております。一人でも多くの皆様にご覧いただき、科学・技術の原点にふれていただければ幸いです。

 


1.Hippokrates
  Hippocratis coi Prolegomena,et Prognosticorvm libri tres.1597.
 (ヒポクラテス:ヒポクラテスの書)

2.Eukleides
  Elementorvm libri XV 1572.
  (ユークリッド:幾何学原本)

3.Archimedes
  Archimedis Opera qvae extant.
  1st ed.1615.
  (アルキメデス:アルキメデスの書)

4.Ptolemaios Klaudios
  Ptolemaei Planisphaerivm.1558.
 (プトレマイオス:光学)

5.Plinius
  Natvralis historiae.1535−38.
 (プリニウス:自然誌)

6.Lucretius,Titus Carus
  De rervm natvra libri sex.1595.
 (ルクレティウス:物の本性について)

7.Alhazen
  Opticae thesavrvs.1572.
 (アルハゼン:光学大全)

8.Vitruvius Pollio,Marcus
  L'architettura di M.Vitruvio Pollione.1758.
 (ヴィトルヴィウス:建築書)

9.Vignola,Giacomo Barozzi da
  Libro d'Antonio Labacco appartenente a l'architettvra.1557.
  「Regola delli cinqve ordini d'architettvra.1563」との合本
 (ヴィニョーラ:建築書)

10. Vignola,Giacomo Barozzi da
  Cours d'architecture.t.1.1696.
  (ヴィニョーラ:建築書)

11.Scamozzi, Vicenzo
  L'idea della architettvra vniversale.1615.
  (スカモツィ:建築書)

12.Coehoorn,Menno Van
  The new method of fortification.1705.
  (クーホルン:築城術の書)

13.Besson,Jacques,Dauphinois
  Theatrvm instrvmentorvm et
  machinarum lacobi Bessoni Delphinatis.1578.
  (ベッソン:機械の劇場)

14.Biringucci,Vinnoccio
  Pirotechnia.1559.
  (ビリングッチョ:金属学ハンドブック)

15.Agricola,Georg
  De re metallica libri Xll.1556.
  (アグリコラ:金属論)
 
16.鼓鋼図録(こどうずろく)
  増田綱撰 丹羽桃渓画 享和元年[1801]

17.Galilei,Galileo
  Systema cosmicvm:in qvo dialogis IV.
  de duobus maximis Mundi Systematibus.1641.
  (ガリレオ:2つの世界体系についての対話、新科学対話)

18.Kepler, Johannes
  Epitome astronomiae Copernican usitata
  forma qu stionum & responsionum conscripta.1618.
  (ケプラー:「コペルニクス天文学」要約)

19.Newton,Sir Isaac
  Arithmetica universalis,sive De compositione
  et resolutione arithmetica liber.1707,
  (ニュートン:一般算術)

20.Newton,Sir Isaac
  Opticks,or,A treatise of the reflections,
  refractions,inflections and colours of
  light.2nd ed.with additions.1718.
  (ニュートン:光学)

21.Newton,Sir Isaac
  Philosophi naturalis principia
  mathematica.1739−42.
  (ニュートン:自然哲学の数学的原理)

22.Maclaurin,Colin
  An account of Sir lsaac Newton's
  Philosophical discoveries,in four books.1748.
  (マクローリン:ニュートンの哲学的諸発見)

23.Leibniz,Gottfried Wilhelm,Freiherrvon
  Opera Omnia:nunc primum collecta,in Classes distributa,
  pr fationibus & indicibus exornata,studio Ludovici Dutens.
  1st collected ed.1768.
  (ライプニッツ:ライプニッツ全集)

24.Thunberg,Carl Peter
  Flora laponica. 1784.
  (ツンベルグ:日本植物誌)

25.Siebold,Philipp Franz Jonkheer Balthasar van
  Flora Japonica,sive,Plantae,quas in
  imperio Japonico collegit,descripsit.1835−44.
  (シーボルト:日本植物誌)

26.Kulmus,Johann Adam
  Tabul anatomic,in quibus corporis
  humani omniumque ejus partium
  structura & usus brevissime explicantur.1744.
  (クルムス:解剖図譜 ラテン語版)

27.Kulmus,Johann Adam
  Anatomische Tabellen nebst darzu
  gehorigen Anmerkungen und Kupfern.
  7.Verb.Ausg.1764.
  (クルムス:解剖図譜ドイツ語版)

28.Musschenbroek,Pieter van
  Tentamina experimentorum naturalium.1731.
  (ミュッセンブルグ:理学実験)

29.Lavoisier, Antoine Laurent
  Traite elementaire de chimie.1789.
  (ラボアジェ:化学要論)

30.Lavoisier, Antoine Laurent
  Methode de nomenclature chimique.1787.
  (ラボアジェ:化学用語の命名法)

31.舎密開宗(せいみかいそう)
  内篇18巻外篇3巻
  ウイリアム・D・ヘンリー原著
  宇田川榕菴訳増注
  天保8年[1837]

 

 

 

 

展示の部屋へ戻る