展示の部屋

 東海大学付属図書館で所蔵している資料の中でも、稀覯本、限定本、初版本などの貴重な資料は、利用に制限を設けていることもあり、なかなかみなさんの目に触れる機会がありません。
 そこで、図書館ではこれらの貴重な図書を広く知ってもらい、さらに学習・研究資料として活用してもらうために展示会を開催してきました。
 この「展示の部屋」では、これまでに行ってきた展示会を紹介致します。展示会の様子や展示目録(パンフレット)もありますのでご覧ください。
 

 

第六十三回 (2017年6月19日〜7月31日)
「連歌展」 

 

アンケートの 小部屋  
 
 

このサイトに掲載した全ての情報(文章・写真・イラスト等)は、無断で使用・複製・転載・二次的使用・その他、これらに類する全ての行為を禁止します
 

 

回 次

開催年月日

テーマ

第六十三回 2017年6月 連歌展 PDFファイル(1,050KB)
第六十二回 2016年11月 武士(モノノフ)展 PDFファイル(1,452KB)
第六十一回 2016年5月 東海大学付属図書館 特別図書展 PDFファイル(1,808KB)
特別展 2016年1月

平塚市・東海大学交流提携30周年記念 東海大学付属図書館 特別図書展[於:平塚市美術館] PDFファイル(939KB)
※特別図書展の様子はこちら 
(広報メディア学科・映像メディアグループ「東海スタジオ」の学生による制作)

第六十回 2015年12月

桃園文庫展−池田亀鑑の仕事− PDFファイル(1,524KB)

第五十九回 2015年5月 幕末・明治を生きた人々 PDFファイル(2,402KB)
第五十八回 2014年11月 書物に棲む動物たち  PDFファイル(1,751KB)
第五十七回 2014年7月 科学と技術の古典   PDFファイル(707KB)
第五十六回 2013年6月 語り継がれる書物たち   PDFファイル(2,531KB)
第五十五回 2012年5月 國文學の傳燈 写す・読む・伝える−桃園文庫の世界−
PDFファイル(1,481KB)
第五十四回 2011年11月

悠久のナイルと人々〜鈴木八司古代エジプトコレクション展

第五十三回 2010年11月 豊道春海先生作品展
第五十二回 2010年6月 ノーベル物理学賞1901-1950〜近代科学に影響を与えた科学書と共に〜   PDFファイル(658KB)
第五十一回

2009年10月

外国から見た日本幕末から明治初期    PDFファイル(424KB)
第五十回

2009年6月

日本の印刷史と装丁のおもしろさ     PDFファイル(640KB)

第四十九回

2008年11月

源氏物語展語り継がれた1000年     PDFファイル(369KB)

第四十八回

2008年6月

付属図書館所蔵古地図展   PDFファイル(250KB)

第四十七回

2007年11月

書画展 北條秀司をめぐる人びと  PDFファイル(749KB)

特別展

2007年6月

書画展 北條秀司をめぐる人びと [於:紀伊國屋画廊]

 第四十六回

2007年6月

レオナルドダ・ヴィンチの手稿を見る−古代の知と技をめぐって−

第四十五回

 2006年11月

桃園文庫展−平安朝の物語を中心に− PDFファイル(359KB)

第四十四回

2006年6月

江戸の出版物と装丁あれこれ  PDFファイル(849KB)

第四十三回

2005年11月

彩色本となった日本の古典文学 PDFファイル(208KB)

第四十二回

2005年6月

北欧の近代文学 PDFファイル(812KB)

 第四十一回

2005年4月

歴史書は語る−ビザンツ帝国一千年の歴史と歴史書− 

第四十回

2004年11月

北條秀司の舞台  PDFファイル(625KB)  記念トークイベント

第三十九回

2004年5月

むかしのくらし

第三十八回

2003年11月

劇作家 北條秀司

第三十七回

2003年 5月

TABI 大名行列から大航海時代〜日本と世界・旅の姿

第三十六回

2002年11月

王朝文学と音楽−写本によみがえる音色−

第三十五回

2002年 5月

書物の文化史
書物探究〜文字・印刷・装丁の歴史と多様性

第三十四回

2001年11月

松前重義博士の本棚−グルントヴィ・内村鑑三・新渡戸稲造・松前重義博士の主な著書展−

第三十三回

2001年 6月

連歌師 宗祇展−500年の時を超えて−

第三十二回

2000年11月

和紙再発見−Japanese Paper−

第三十一回

2000年 5月

平安女流文学と絵に見る平安の世界

第三十回

1999年11月

グルントヴィ展−デンマーク国民教育の父−

第二十九回

1999年 5月

江戸ウォーカー

第二十八回

1998年11月

外国人の見た日本−幕末から明治初期まで−

第二十七回

1998年 5月

桃園文庫のなかの徒然草

第二十六回

1998年 1月

江戸の旅

特別展

1997年 1月 桃園文庫のなかの徒然草 [於:紀伊國屋画廊]

特別展

1996年 1月 科学・技術の古典 [於:紀伊國屋画廊]

第二十五回

1995年 7月

たとえばこんな辞書もある−国語の辞書展−

特別展

1995年 1月 桃園文庫のなかの平安朝文学を中心として [於:紀伊國屋画廊]

第二十四回

1994年10月

書物にみる近代化への歩み
 −16世紀から19世紀までのヨーロッパを中心として−

第二十三回

1993年10月

日本の詩歌展−室町時代まで−

第二十二回

1993年 7月

東海大学附属図書館 特別図書展

第二十一回

1991年 6月

知ってるつもり!?−江戸後期の農村−

第二十回

1990年11月

かながわむかし歩き

第十九回

1990年 6月

A列車で行こう−JAZZの旅−

第十八回

1989年11月

資料にみるフランス革命

第十七回

1989年 6月

名著の世界−教科書からのアプローチ−

第十六回

1988年11月

東海大学所蔵 桃園文庫展−随筆、日記・紀行、詩歌を中心として−

第十五回

1988年 6月

ノーベル賞の系譜−物理、化学、生理・医学 1901〜1950−

第十四回

1987年11月

東海大学所蔵 桃園文庫展−物語文学を中心として−

第十三回

1987年 5月

哲学者カント−20世紀末に人間を考える−

第十二回

1986年11月

サイエンスプロムナード−19世紀までの科学・技術書展−

第十一回

1986年 4月

日本漫遊−江戸時代−

第十回

1985年11月

新収特別図書展

第九回

1985年 4月

古典文学へのいざない

第八回

1984年11月

外国人の書き描いた日本−キリスト教伝来から明治時代まで−

第七回

1984年 5月

特別図書展示 西洋研究古典

第六回

1983年10月

近世儒者書簡展

第五回

1983年 4月

東海大学所蔵 日本の古典文学と王子台遺跡遺物

第四回

1982年11月

源氏物語系図展

第三回

1982年 5月

日本出版印刷文化史展

第二回

1981年11月

源氏物語の本文と評釈 源氏物語展示会

第一回

1981年 4月

湘南11号館分館・開館記念展示

回 次

開催年月日

テーマ

 


制作:東海大学付属図書館中央図書館(湘南校舎)
このホームページはMS Internet Explorer 10.0で動作確認しています
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目四丁目1番1号
TEL 0463-58-1211 (代表)
FAX 0463-50-2059(図書館)
e-mail:


   最終更新日 2017年07月27日 木曜日