湘南校舎でケガ・病気・事故があったら内線3999をダイヤル。 意識が無い・大出血しているなど緊急時は119をダイヤル
ひとりで悩まないで

最近の活動報告湘南健康推進室からのお知らせ

  • 2019.7.8

    風しん追加対策の抗体検査に関するご連絡(お知らせ)

    湘南校舎在籍の教職員の方に、風しん追加対策の抗体検査に関するお知らせ
    があります。
    つきましては、教職員の皆様へのページをご確認ください。


  • 2019.7.1

    2019年度教職員定期健康診断について(お知らせ)

    湘南校舎在籍の教職員の方に、2019年度教職員定期健康診断につきまして、
    詳細をお知らせいたします。
    つきましては、教職員の皆様へのページをご確認ください。


  • 2019.6.7

    クラブ新入部員(体育会系)健康診断スタート

    6月10日(月)からクラブ新入部員(体育会系)健康診断がスタートします。
    対象となるのは、2019年4月以降に入部した学生です。
    詳細については、2019クラブ新入部員向け案内を確認してください。

    2019年6月10日(月)~6月14日(金)
    受付時間 10:00~15:30
    場所:15号館2階 湘南健康推進室
    持ち物:学生証

    クラブ新入部員向け案内[PDF:223KB]


  • 2019.6.7

    湘南キャンパス禁煙週間が終了しました

    5月31日から開始した禁煙週間へのご協力ありがとうございました。
    初日のCOモニター測定イベントには、学生、教職員あわせて80名を超える皆さまに
    体験いただき大盛況の世界禁煙デーになり、中には自分の呼気一酸化炭素濃度の高値に驚く参加者も・・・。
    今年7月の健康増進法改正、2020年オリンピックを前に、世の中の喫煙環境は大きく変化します。
    たばこを吸うあなた!そろそろたばこをお休みしてみませんか?
    「やめてみようかな・・・」と思ったあなた!
    今すぐ湘南健康推進室の保健師までご相談ください。
    全力であなたを支えます!




  • 2019.5.15

    mini健康教室“折れにくいココロの作り方”開催しました

    毎年恒例のカウンセラーによる春の講座を開催。
    あいにくの雨模様でしたが、多くの学生の皆さんにご参加いただきました。
    ネガティブな感情とポジティブな感情から“思い込み犬”のお話し。
    また、後半は、より日々の生活に役立つ内容として“リラックス呼吸法”を学びました。
    次回は、秋学期開催の予定。日々の生活にちょっと役立つmini健康教室。
    これからの開催にご期待ください。




  • 2019.4.26

    日本赤十字社救急法講習会のお知らせ

    2019年6月8日、15日、22日に開催する日本赤十字社救急法講習会の募集を5月7日から開始します。
    詳細につきましては救急法講習会のお知らせページをご確認ください。


  • 2019.4.23

    【注意喚起】ゴールデンウィーク中の感染症に関する注意

    人の集まる場所に行ったり、旅行したりする機会が多いゴールデンウィーク。
    事故や怪我とともに、感染症への注意も必要です。
    感染症は人から人にうつるものが多くあるため、人の多い所や密室空間では
    特にお気をつけてください。
    また、海外へ行かれる予定のある方は、海外で注意すべき感染症について
    厚生労働省のホームページをご一読ください。

    新年度が始まりインフルエンザA型に罹患したという学生の報告が目立ちます。
    連休中も外出したあとの手洗い・うがいの励行など健康管理に努めることが大切です。
    最後に、4月末から5月は疲れがたまる時期です。
    栄養と睡眠を十分にとり、心と身体の休息を心がけることを忘れずに。


  • 2019.4.10

    【湘南校舎在籍教職員のみなさまへ】

    2019年度教職員定期健康診断についてお知らせがあります。
    教職員のお知らせページをご確認ください。
    なお、T356へも掲載や各所属部署への回覧も行っております。


  • 2019.3.1

    【注意喚起】麻しんに関する注意について

    麻しんに関する注意について添付ファイルをご覧ください。
    予防策として、予防接種が最も有効です。
    麻しんにかかったことが明らかでなく、予防接種を2回受けていない方は、予防接種を受けることを推奨します。
    また、外出時の手洗い、うがい、咳エチケットなどに気をつけてください。
    感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状(カタル症状)が現れます。
    症状がある場合は、速やかに医療機関の受診が必要です。
    なお、風しんの感染者も増加し続けております。
    2018年10月の注意喚起の内容を再度ご確認いただき、予防と感染拡大にご協力をお願いします。
    麻しん(はしか)予防と感染拡大防止について(お願い)[PDF:162KB]