授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 物理学入門
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
物理学はあらゆる自然科学の基礎に位置づけられる学問である。生物が活動する、こ
の地球環境自体は物理法則に従っているのである。また、エネルギー等、自然科学の
あらゆる分野に顔を出す概念の多くは物理学の基本を知って初めてきちんとした理解
ができるようになる。そこで本講義においては自然科学における共通概念と手法を習
得することを目標にする。すなわち現象の定量的理解、それを可能にする諸量の数値
化の方法(次元と単位の概念)、数学を用いた解析手法について、物理学を土台とし
て学習していく。
先修条件または
他の授業科目との関連

物理学を基にして自然科学の基礎的な手法を学んでいく、という本講義の目標から考
えて特に先修条件は設けない。本講義を受けた後に種々の実験、演習等において数値
処理の実際を行なうとき、講義内容を思い出せばより深い理解が得られるだろう。
履修のポイント
留意事項

理系の学問は基礎から応用まで、積み重ねが特に重要になってくる。そして基礎的な部分
というのはややもすると初学者には大変味気なく見えるものである。しかし、それを乗り
越えてこそ、初めてきちんとした自然科学の理解が得られるのであることを念頭において
勉強して欲しい。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 選択
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 選択
海洋学部 海洋生物学科 選択

2014/09/16 11:31:30 作成