授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 インターモーダル輸送論
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
 インターモーダル輸送とは、複数の輸送機関を組み合わせて貨物を輸送すること
です。これは国際海上コンテナの登場により容易なものとなり、輸送時間は大幅に
短縮されました。また、鉄道や船舶は比較的CO2排出量が少ないので、地球温暖化の
関連からインターモーダル輸送の拡大が期待されています。
 本講義では、インターモーダル輸送の歴史を解説し、その重要性をまず理解しま
す。そして、代表的なインターモーダル輸送のルートを学習します。また、ビジネ
スモデルを支える輸送ルートも構築されており、その特徴について解説します。最
後に、背後輸送の問題も含め、コストやリードタイム、そして環境問題の点から、
インターモーダル輸送の重要性が理解できることを目標とします。
先修条件または
他の授業科目との関連

 先修条件はありませんが、ロジスティクス論基礎や海運論、航空貨物輸送論、港
湾経営論などを履修していれば分かりやすいと思います。
履修のポイント
留意事項

 輸送機関の組み合わせがインターモーダル輸送ですから、各輸送機関の特徴を理解し
て下さい。すなわち、スピード、コスト、そして環境に与える影響などを把握し、どの
ような組み合わせが良いかを理解して下さい。また、実際に用いられているインターモ
ーダル輸送を理解し、その特徴についても理解して下さい。そして、ビジネスモデルと
の関係におけるインターモーダル輸送のあり方を考えるようにして下さい。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2014/09/16 11:31:30 作成