授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 英語学演習1 B−1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

黒田 学准教授
授業の目標
 この授業では、「言語は文化・社会において意味を持ち、また文化・社会に意味を
与える意味生成資源である」という社会学的立場から、言語(テクスト)と言語を
取り巻くコンテクストとの関係について、一つの命題内容を伝達するのになぜ様々
な意味形式、文法形式、表現形式があるのかということに焦点を置いた考察を行
う。主に、言語を選択する際にコンテクストのどのような側面が作用しているのか
について機能言語学的分析を行う。 言語(テクスト)とコンテクストの相関性に
ついては、いくつかの基本的文献を紹介し、購読も併せて行う。使用テキストは最
初の授業で紹介する。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 言語選択の基準となるコンテクストの特性について理解する。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                英文学専攻                博士課程前期 選択

2014/09/16 11:32:17 作成