授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本語学3 −2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

関正昭 教授  宮城幸枝 教授  加藤好崇 教授

今年度の開講の有無及び担当教員については、「シラバス(詳
細)」をご覧下さい。



 



授業の目標
  「日本語教育文法」というものが成り立つとすれば、それはどのような文法なのだろうか。このことを考え
るために、まず、「国文法」と「日本語教育の教室現場で使われている文法」の違いについて取り上げる。次
に、母語の習得と第二言語習得との過程を比較する。これらのことを確認した上で、「日本語教育文法」はい
かにあるべきかを考えることがこの授業の大きな目標である。授業はおおよそ次のようなテーマにそって進め
ていく。
1)文型論の日本語教育への応用
2)談話文法の日本語教育への応用
3)語用論の日本語教育への応用
4)誤用分析
5)日本語教育用文法用語の使用の実態 

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 この授業で扱う「文法」は、実際に日本語教育に役に立つ文法でなければならない。したがって、場合によっては
日本語教科書に記述されている文法解説などを俎上に乗せてその良否を討論することもある。また、英文で書かれた
文法解説や教師用指導書の中の文法に関する記述が演習の素材として用いられることもある。
 なお、「一般文法」「日本語文法」の知識や理論を得るために、「日本語学3-1」を合わせて履修することを薦
める。 

学部・学科必修/選択の別
文学研究科                日本文学専攻               博士課程前期 選択

2014/09/16 11:32:17 作成