授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本語教授法演習−2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

関正昭 教授  宮城幸枝 教授  加藤好崇 教授

今年度の開講の有無及び担当教員については、「シラバス(詳
細)」をご覧下さい。



 


授業の目標
 この授業では,日本語授業に関連するこれまでの研究にあたると同時に,様々な形態の日本語教育を実際に
体験し,何が必要であるかを学生自らが学び取っていく。日本語授業の形態として1対1,1対多などのものな
どのいくつかのものを計画しているが,基本的には本学別科日本語研修課程における各種授業の見学,教壇実
習を課す予定である。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 日本語教室を、単に日本語を教え込む場面として考えるだけではなく,社会言語的,社会文化面においても,新た
な文脈が交渉され生成されていく接触場面の一形態として考えてほしい。また,この授業への協力を依頼している本
学別科日本語研修課程の教員及び学生の立場,考え方などを理解していることも大切なので同課程における各種の行
事などには,積極的に参加して留学生との交流を深めてほしい。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                日本文学専攻               博士課程前期 選択

2014/09/16 11:32:17 作成