授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 まちづくり学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

出雲明子  准教授



授業の目標
 世界では、産業や人口構造の変化にともなって、これまでの開発型のまちづくりで
はなく、住民の満足度や参加、行政による新しいマネジメント(経営)手法に基づく
まちづくりが進展している。人口の減少を背景として、持続可能な都市を構築するた
めには、新たな人材や主体の育成が不可欠となっている。
本授業では、世界の地域のまちづくりについてその方法論を学び、日本で導入が可能
かどうか、導入するうえでの障害は何か、どのように克服できるのかを検討してい
く。地方自治体の役割と、自治体が都市を経営していくうえでの方法に焦点をあて
る。具体的には、(1)まちづくりを担う主体とその協働、(2)地方自治体のもつ
政策的資源、(3)住民のまちづくりへの関わり方と手法、(4)行政の役割の変化
と新しい経営、などについて議論を行っていく。
授業では、問題に関する文献(英文を含む)と一次資料を輪読・検証し、履修生と教
員の意見交換を通じて議論を深めていく。実務者との意見交換も取り入れる。最終的
には、理論と実践の両面でまちづくりの方法論を学び、海外の事例を参考に、日本の
具体的な都市空間について、まちづくりの政策立案を行うことのできる知識を培うこ
とを目標とする。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 まちづくり学特論1の先行履修を必ずしも履修要件としない。ただし、日本国内の実
践、海外の実践ともに関心を持つことが重要である。
学部・学科必修/選択の別
政治学研究科               政治学専攻                博士課程前期 選択

2014/09/16 11:32:17 作成