授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本政治史研究講義1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

菅原彬州 講師
授業の目標
  近代日本政治史研究においては、研究テーマや対象によって、様様なアプローチが可
能である。しかし、どのような研究においても、史料に基づいた論証が必要であり、そ
の意味で、史料の読解・吟味が研究の前提をなす。この授業では、近代日本の政治過程
に関する基礎知識を前提に、史料の読解力を養うことを主要目表とし、あわせて日本近
代国民国家の形成・展開の方向を規定した政治指導のあり方を考えていきたい。したが
って、特定のテキストは使用せず、本年度も昨年に引き続き、明治初期の岩倉使節団関
係の史料を素材にして、授業を進める予定である。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

  岩倉使節団に関する文献で、基礎知識を再確認しておいてほしい。
学部・学科必修/選択の別
政治学研究科               政治学専攻                博士課程前期 選択

2014/09/16 11:32:17 作成