授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 都市政策研究講義2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

吉田民雄 教授 

授業の目標
 都市政策とは、国民の生活の場である都市を主要な研究領域とし、@都市論的ア
プローチ、A政策連的アプローチから問題解決のための政策を中心として、都市と
政治・行政のあり方を理論的、実証的に究明する実践性の強い学問である。都市論
的アプローチとは都市問題や都市形成の研究、政策論的アプローチとは都市成長を
制御する政策の立案・実施・評価活動の研究、管理論的アプローチとは政府の組
織、管理、職員、予算などの行財政システムの研究、制度論的アプローチとは地方
自治制度、分権改革、中央・地方の政府システムなどの研究である。都市政策とは
これらの4つの研究分野の関係する政策科学である。そこで、本講義は、これらの
4つの研究アプローチを視野に置きながら、都市の抱える政策諸課題を合理的に解
決するための都市政策の形成・実施・評価のあり方を多角的かつ具体的に究明する
ことを目標とする。本年度は、近年国及び自治体においてクローズアップされる政
策評価などを主要なテーマにしながら、都市政策に関する学生諸君の研究関心を深
めるように助言・指導したい。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 都市政策に関連するかなりの分量の内外の参考文献を読み、受講者諸君の研究関心と
研究内容を深めてもらうことになるので、主体的な研究意欲をもって積極的に取り組ん
でもらいたい。また、受講者諸君自ら都市問題や都市政策についての批判的検討や問題
解決方策の究明を常に行ってほしい。その際の分析方法やまとめ方については遠慮なく
相談されたい。
学部・学科必修/選択の別
政治学研究科               政治学専攻                博士課程前期 選択

2014/09/16 11:32:17 作成