授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 美術学研究演習4
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

滝波重人教授、小野迪孝教授、河野孝博教授、吉村維元准教授

芸術学科美術学課程準備室 内線3470


授業の目標
この授業は、大学院修士課程造型芸術専攻の学生の研究活動の中心に位置づけら
れる。セメスターごとに開かれる研究発表会に向けて、そして最終的には特定課題
の研究成果(作品制作等)あるいは修士論文に結実させるべく、各自が責任をもっ
て選択し、その主題について、毎週、着実に研究を進めて、その成果を本演習で報
告する。研究途上で生じた問題点、研究報告に対する疑問や批判、基本的方法論や
実践的技術等々について、演習参加者全員で討論する。

 

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

学生諸君は大学院入学時点ですでに、美術に関して各自、特別の関心分野、研究目標
を持っているはずである。
美術学研究演習の授業では、その各自の動機を大切にしながら、目標に到達するため
の道筋を切り開いて行きたい。自分の興味の命ずるままに、問題を深く掘り下げて行く
一方、得られた知識・体験を説得力をもって発表するために、脇を固める技術をも磨か
ねばならない。修士論文または特定課題の研究成果(作品制作等)完成までの道程を突
き進んでほしい。

 

学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 必修

2014/09/16 11:32:17 作成