授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 有機化学特論3
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

石原良美   
授業の目標
 春学期に引き続き、生体を構成している高分子化合物の基本構造、および生体内での
存在状態、生理機能、作用について講義する。さらに、生体高分子と化学物質の反応に
ついて、生体高分子の最新の分離分析方法について、生体高分子の生体内の様々な条件
下におけるの存在状態・生理機能や作用の変化について、最新の研究データや論文を紹
介しながら講義する。 
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 有機化学および生化学の最新情報を学ぶため, 学部での有機化学および生化学の授業
内容がベースになる。従って, 学部で学んだ有機化学および生化学をしっかり復習する
ことが望ましい。また, 英語の論文も多数読むことになるので, 普段から英語の論文に
慣れ親しむことが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                化学専攻                 修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成