授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 教育化学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当者未定
      
授業の目標
 中学、高校の理科教育については理科教育法で学ぶが,化学の教育についての講義は
大学のカリキュラムの中には存在しない。また化学を他人に伝える方法論についてもカ
リキュラムの中に見当たらない。本特論では自然科学の立場から総合的に捕らえた化学
の存在を勉強をする。化学が社会の中においての学問としての存在意識を考えると共
に、社会科学及び人文化学と共存する化学の在り方を考える。化学論文についても研究
する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 一方的講義でなく、対話的授業を進めてゆく。授業を進めながら対話の仕方,話し
方、意見の述べ方、話の聞き方などが身に着くことをお互いに意識する必要がある。講
義者が遠隔勤務のため、時にEメール方式の授業と意見交換も試みる。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                化学専攻                 修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成