授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 高分子化学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

岩岡 道夫
授業の目標
 この講義では人工的に作られる高分子(合成高分子)を取り上げ、その合成法
や固体物性について、最新の研究成果をまじえて解説する。講義の対象となる高
分子は、プラスチック・樹脂・繊維などの高性能高分子と、電導性ポリマー・非
線形工学材料などの機能性高分子である。また最近の研究動向として、比較的小
さな有機分子の集合体である超分子や樹木状の分子構造をもつナノサイズの高分
子であるデンドリマー、さらにグリーンケミストリーへの応用についても解説す
る。分子の自己組織化と分子間力の関係、分子集団としての高分子材料の特性、
ナノテクノロジーについて化学的な理解を得ることを目的とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 合成高分子の特徴や物性を理解すると同時に,合成高分子の最近の動向を知る。

学部・学科必修/選択の別
理学研究科                化学専攻                 修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成