授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 解析力学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

 未定。
授業の目標
 解析力学は古典力学と統計力学や量子力学との橋渡しをするようなもので、力学学
問体系の論理を学ぶことを目標とする。解析力学特論Uでは解析力学特論Tに引き続
き、変分原理(最小作用の原理、ハミルトンの原理、オイラーの方程式)、と正準方
程式と正準変換(ハミルトンの原理、ハミルトンの正準方程式、ハミルトン−ヤコビ
の方程式等)について学ぶ。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

学部で学んだ解析力学を再度復習しながら履修することであり、むしろ自分で調べ、
考えるといった姿勢が必要である。解析力学特論Iを履修しているが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成