授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電磁気学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

佐藤 浩之助
授業の目標
学部において既に電磁気を学んでおり、マックスウェルの方程式の導出が行われ、
これを基に再度静電気・静磁気・電流と磁気・電磁誘導の物理的現象を学んだ。ま
た、平面電磁波の導出が行われ、電磁波の性質についも学んだ。
 ここでは、更に発展させて、マックスウェル方程式を出発点として大学院で研究す
る分野を視野に入れた電磁気現象やプラズマ現象について学ぶ。荷電粒子やプラズマ
と電磁場との相互作用などの基礎を含め、電離平衡と熱電離プラズマ、衝撃波、核融
合プラズマ、プラズマ計測、さらにプラズマと物質との相互作用の例としての
ペレット入射研究などについて解説する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 学部で学んだ電磁気学を再度復復習しながら履修することであり、むしろ自分で調べ、
考えるといった姿勢が大切である。電磁気学特論Iを履修しておくことが望ましいが、
必ずしも必須ではない。
 また、授業中その場でしっかり理解してもらうことを目指しており、そのために重要な
ポイントはできる限り易しく解説するが、受講者は理解しにくい点や疑問点を遠慮なく
その場で質問するよう心がけてもらいたい。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成