授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 相対論特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

藤城 武彦
授業の目標
相対論特論1では、一般相対性理論の基礎固めをおこなった。引き続く相対論特論2
では、アインシュタイン方程式の応用として、シュワルツシルド解を導き、ブラッ
ク・ホールと星の重力崩壊について扱う。また、フリードマン・ロバートソン・
ウォーカーの一様等方宇宙解とビッグバン宇宙論についてできる限り丁寧に解説する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

相対論特論1と相対論特論2は、合わせて1つの完結した講義になるよう準備されている
ので、1年間連続して受講されることを強く推奨する。なお、相対論特論2では相対論特
論1は受講済みとして講義を進める。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成