授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 量子光学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

櫛田 淳子
授業の目標
高エネルギーの光は波動性よりも粒子性が顕著となる。「量子光学特論1」では、光
の量子力学的取扱いが必要となるガンマ線の物質との相互作用を理解することを目的
とする。物質との相互作用に基づいたガンマ線検出原理に加え、特に、宇宙における
高エネルギーガンマ線の非熱的放射過程や宇宙ガンマ線の観測手段とその原理につい
て取り扱い、ガンマ線天文学の基礎を習得する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

学部レベルの電磁気学、原子・分子の構造の知識が必要である。また、量子力学の基本は
理解していることを前提とする。学部レベルの電磁気学、原子・分子の構造の知識が必要
である。また、量子力学の基本は理解していることを前提とする。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成