授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電磁エネルギー物理学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

佐藤 浩之助
授業の目標
 電磁流体力学やプラズマ物理が地球磁気圏、核融合、電磁発電などの分野における
技術的な応用が考えられている。又レーザー発振を引き起こすためにはレーザー媒質
を励起する必要があり、電気的な方法としては放電励起、電子ビーム励起等が利用さ
れている。
 この授業では、学部で学んだ力学、流体力学、電磁気学、統計力学等の知識を基に
して電磁流体力学および真空理工学に応用する。上記の諸分野を研究するためには真
空に関わる物理を理解し工学的知見を習得しておくことが極めて重要であり、これら
について学ぶ。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

目標でも記述されているように、力学、流体力学、電磁気学、統計力学の基礎知識が必要
である。学びながらそれらの総復習を行うことを望む。また、授業中その場でしっかり理
解してもらうことを目指しており、そのために重要なポイントはできる限り易しく解説す
るが、受講者は理解しにくい点や疑問点を遠慮なくその場で質問するよう心がけてもらい
たい。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成