授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 原子分光物理学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

八木隆志
授業の目標
光と物質との相互作用についてのトピックを紹介する。電磁波としての光波を量子化
し、複数のエネルギー準位系との相互作用をブロッホダイナミックスで記述し、ダウ
ンコンバージョン等のパラメットリック効果について量子論的考察を与える。
さらに、固体の光学的性質である反射率や誘電率の起源を固体のエネルギー構造に求
め、クラーマース・クローニッヒの原理で表現される固体の光に対する応答を解説す
る。光パルスのピークパワーを著しく増大することで光電効果やバンド間遷移に非線
形光学効果が見られるようになる。これらについて最近の話題を紹介する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

F. Wooten 著 Optical Properties of Solid、Scully and Zubairy 著 Quantum 
Optics、などを参考にする。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成