授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 複雑液体のダイナミックス1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

新屋敷 直木
授業の目標
現在の科学でその存在が確認されている,最も小さい素粒子から最も大きな宇宙まで
の階層構造をそれぞれの階層における空間及び時間スケールの対応から説明する。ま
た,原子レベルからアプローチしていく既存の方法論によってマクロな物性を説明で
きないような分子凝集系物質群の中の複雑液体について説明する。さらに複雑液体を
構成する物質の分子構造とマクロな物性の関係を説明するためのダイナミックスの重
要性について説明し,その特徴である協同現象とは何か,またそれを説明するための
手法について説明する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

学部の熱統計力学,固体物理学,分子物理学程度の内容を自習しておくことが望まれ
る。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成