授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 複雑液体のダイナミックス2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

新屋敷 直木
授業の目標
様々な空間および時間スケールにおける複雑液体のダイナミックスの特徴とその様々
な観測方法をこれらの研究の歴史を含めて説明する。さらに,複雑液体のダイナミッ
クスとして観測される現象の特徴を説明し,協同現象としてのマクロな物性の出現と
それらのメカニズムを説明するための手法を説明する。さらに近年のトピックスにつ
いて説明し,今後の展開を予測する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

学部の熱統計力学,固体物理学,分子物理学程度の内容を自習しておくことが望まれ
る。さらに大学院の複雑液体のダイナミックスIを受講しておくことが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成