授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 自然科学教育論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

土井 誠 教授
渡邊 純三 教授
古山 恒夫 教授
土屋 守正 教授
山口 滋 教授
北林 照幸 准教授
石川 滋 准教授

授業の目標
現代は純粋科学の研究室が一般の学生を引き付ける魅力を失い始めている時代である
といわれている。また、IT技術を始めとする様々な科学技術の成果には関心を示す
が、技術自身には関心を余り示さない時代であるとも言われている。これは純粋科学
のもつ素朴な面白さが学生に伝わっていないことに起因している。
純粋科学の素朴な面白さを伝えるためには、研究手法、基礎的学識の広さ、語学力、
科学的実証能力が優れていることが必須である。本科目では、幅広い学識を身に付
け、知識受動型の講義形態を能動型の講義形態への変換させるための理論的バックボ
ーン及び実証能力を身に付けることを目的とする。そのために、最先端のトピックを
数理科学、物理、化学等の専攻を横断した形で講義する。また、いくつかの課題に関
するレポートの作成及び発表も行ってもらい、プレゼンテーションの手法も研究す
る。このような様々な分野を横断したトピックに触れることは、専門の研究を多方面
から見ることを促し、研究上のブレークスルーを与えてくれる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

自然科学教育論U、教育数学特論T,U,V,W、教育物理学特論T,U、教育化学特論T,
U,V,W等の科目に関連している。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成