授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 材料物性特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員名    神保 至 教授
連絡先      東海大学湘南校舎G館2階第4研究室
内線       4204
URL        http://150.7.64.2/
i-mode           http://150.7.64.2/imode.html


授業の目標
 いかなる物理現象においても、ポテンシャルの差によって生ずるフラックス(流
束)には抵抗と呼ばれる物性値が必ず伴う。それらは質量、運動量およびエネルギ
ーの移動に関わるものであり、いわゆる拡散、粘性、熱伝達という基本的な現象を
司る。ゆえにこれらを包括する移動現象論は材料科学において、熱力学、材料強度
学、電磁気学などとともに材料の基本的な機能を予測するための有力な手段とな
る。ここでは、熱および物質移動に関する定常および非定常状態の一般的なモデル
から出発して、現実的な材料への適用と製造プロセスへの応用について議論する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 毎回レポート課題の提出を求める。なお、輪講形式で講義を進めるので、英文の翻訳
が当日までに完了しない場合には、必ず前もって申し出ること。受講者全員に迷惑をか
けないような配慮を忘れないこと。


学部・学科必修/選択の別
工学研究科                金属材料工学専攻             修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成