授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 材料学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員名  佐藤 彰 非常勤講師
連絡先  湘南校舎G館1階材料科学科事務室(内線4213)
     
授業の目標
 「材料」は使用されなければ「材料」とは言えず、「縁の下の力持ち」的存在で
残念ながら目立たないが、独創的なアイデアによる科学技術の新たな進展に新規な
特性を有する「材料」が大きな役目を果たしている。また、機器・構造物の設計、
保守、管理においても、使用する材料についての深い知識が不可欠である。そこ
で、ここでは先進構造材料を中心にして、特徴、性質、研究開発動向などを解説す
る。金属材料の95%以上を占め、社会インフラ構造物に使用する鉄鋼材料、自動車や
航空機用軽量材料、発電用耐熱材料、原子力・超伝導などのエネルギー関連材料、
様々な用途の複合材料、環境問題解決を指向するエコマテリアル、及び生体・福祉
材料も含めることとする。 
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 科学技術基本計画(第1〜3)と科学技術の新たな進展、新しい機器・構造物の設
計、構造物や機器の保守・管理に適用できるように、これらの材料の現状を知ると同時
に今後の課題などを十分に理解してほしい。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                金属材料工学専攻             修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成