授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 材料物理化学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員名    神保 至 教授
連絡先      東海大学湘南校舎G館2階第4研究室
内線       4204
URL        http://150.7.64.2/
i-mode           http://150.7.64.2/imode.html
                                  
                                
                                
                                
     
授業の目標
 化学熱力学の理論を基礎として、物質の原子的、分子的集合状態と化学平衡について
の知識と理解を発展させ、さまざまな相状態図を熱力学計算によって作成する方法を考
察し、現実への適用と可能性を論ずる。ここでは相平衡の基本事項であるエンタルピー
、エントロピー、自由エネルギーを出発点として、一成分系の状態図におけるさまざま
な議論、活量の概念と自由エネルギーの関わり、Gibbs-Duhemの式による計算などを通
じて溶液論への展開を図る。さらに2成分系における部分モル量の概念を学び、基本的
な2元系状態図がどのように作製されるかをGe-Si系を例として計算することにより体験
させる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 物理化学で学んだ基本事項についてはその都度必要に応じて復習すること。輪講形式
で講義を進めるので、当番は必ず翻訳を完了させ、必要部数のプリントを配ること。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                金属材料工学専攻             修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成