授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 光エレクトロニクス特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

新宅 敏宏 教授

授業の目標
 光技術は電子技術に較べて地味な存在であったが,レーザーの開発により状況は変わ
りつつある.レーザに代表される光技術は電子技術との結びつきを深め,光エレクトロ
ニクスという新しい学問分野が拓かれた.その成果は光を情報のキャリヤに使う光通信
や光を使った情報処理機器として使われている.この授業では,高度情報化社会の基
盤技術になっている光とエレクトロニクスの結びつきについて講義をする.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 講義に使う教科書は,講義内容に沿ったものをいくつか推薦するので,その中から履
修希望者と相談のうえ決定する.講義は節,または章をそれぞれに割り当て,輪講形式で
行う.輪講の準備(OHPを使うとか板書で行うとか,プリントを配るとか)はそれぞれの
担当者に任せる.自分が理解するだけでなく,理解したことをいかに他のものに説明す
るかについても注意を払ってほしい.
 他者が担当する部分の議論への参加状況も評価の対象にするので,担当部分以外につ
いても事前に準備し,質問個所などをまとめておくことが望ましい.
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                光工学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成