授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 光物性特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

若木 守明 教授



授業の目標
光と物質の相互作用を、物質中の素励起現象(フォノン、エキシトン、プラズモン、
マグノン、ポラリトン等)の光励起の基礎を中心に理解することを目標とする。物質
としては固体を中心に取り扱う。固体結晶の幾何学的構造、半導体、誘電体のエネル
ギー構造を理解する。光と物質の相互作用として、等方性、異方性媒質中の光の伝
搬、膜による反射・透過特性、固体の吸収分散特性について述べる。固体中の光吸収
として、代表的な光学材料(絶縁体、半導体、ガラス、金属、分子性結晶、不純物ド
ープ絶縁体又はガラス)について主に電子による吸収並びに格子振動による吸収を説
明する。固体による光散乱についても述べ、代表的な散乱である、Raman散乱、
Brillouin散乱を種々の素励起現象に対して説明する。最後に、電界光学効果、磁界
光学効果について触れる。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

基礎の学問として、固体物理、量子力学、輻射光学、原子物理学を修得してあることが
望ましい。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                光工学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成