授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 コンクリート構造工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

橘吉宏 講師
授業の目標
学部で学んだ鉄筋コンクリート構造学を復習し、これを発展させたプレストレスト
コンクリート構造の理論と設計法、施工方法を学びます.理論と設計法では、PC
床版を対象とした、クリープ・乾燥収縮解析、およびひび割れ制御の理論を学習し
ます.さらに、最新の鋼・コンクリート合成・複合構造物を紹介し、その構造特性
および設計理論を学習する.本授業では、コンクリート構造および複合構造に関す
る理論および最新の技術の習得を目標としています.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

先修条件はありませんが、構造力学、橋梁工学およびコンクリート材料学の知識は不可
欠とします.
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                土木工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成