授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 構造工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

橘 吉宏 講師
授業の目標
 橋梁に代表される鋼構造物に要求される性能と、性能を検証するために不可欠な
設計理論を学習します。まず、鋼構造の補剛設計法の理解、製作技術の理解、およ
び、高度な設計理論を効率よく理解してもらうために、まず模型作成を通して基本
的な事項を学びます。模型製作を通じて性能照査設計および限界状態設計法(終局
限界状態や使用限界状態設計、塑性解析)を学習します。これらの設計理論に至る
までの歴史、実務における失敗事例などを紹介して、技術理論の習得および応用能
力の育成をめざしています。            
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

先修条件はありませんが、構造力学、橋梁工学の基礎知識を前提とします. 
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                土木工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成