授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 流体力学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

山本吉道 教授

授業の目標
 流体力学は、水工学と直結する学問でありますが、フレッシュコンクリートの流
動や土石流の解析といった他分野や学際領域にも深く関係する基礎的学問でもあ
り、水工学専攻以外の学生にとっても有益です。
 まずは,完全流体と粘性流体の基礎方程式である連続式と運動方程式を導出し、
基本的問題の解析手法を受講生が十分理解できるように解説します。さらに、全
国の多くの大学院生が上級技術者になるために関心を持つ数値シミュレーション法
や乱流理論についても解説します。
 
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 授業目標の欄において述べたように,流体力学の知識は水工系以外の研究者や技術者
にも必要です。また、多少数学的に難解な箇所もありますが、これをマスターすれば、
東京大学や京都大学の学生とも互角で勝負できるようになります。それゆえ、水工学系
専攻以外の全ての学生にも受講を勧めたい科目のひとつであります。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                土木工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成