授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 連続体力学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

本間 重雄 教授
授業の目標
  連続体力学は、固体や流体を連続体として包括的に取り扱い、力や変形および流
動の一般的性質を研究しようとするものであり、テンソル解析などの数学手法の発
達とともに近年大きい発展をとげています。構造・非構造解析、地盤や流体の解析
などにおいては材料の力学的性質の多様性とともに空間的に複雑な配置や挙動を示
す問題が多く存在しますが、それらの解析には連続体力学による一般化されたアプ
ローチが必要とされる状況です。
 本講義では、連続体力学の基本原理に基づき、運動と流れに関する基礎理論を述
べ、続いて応力と変形、圧力と流れの構成関係として弾性解析、流体解析、塑性・
粘弾性解析について解説します。連続体力学における基本原理の理解と解析手法の
基礎を修得することが授業の目標です。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 連続体解析で学んだ基礎物理数学をふまえ、各項目の基本概念と解析法を例題および
演習問題を通じて順々に理解しようとする努力が重要です。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                土木工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成