授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 材料工学研究ゼミナール1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

岩森 暁 教授
森山 裕幸 教授
中尾 昌夫 教授
菊川 久夫 教授

授業の目標
 最近科学技術はドラスチックな変化期に入り、学術研究の高度化と優れた研究者およ
び高度専門技術者の養成強化が求められています。豊かな未来を切り開くためには、独
創的で突破力のある新知見を生み出し、人類共通の知的資産を充実していくことが決定
的に重要です。材料工学分野においても基礎的、先駆的な学術研究を推進し、幅の広い
視野、高度の専門性、豊かな人間性を身につけ、技術倫理観をもった国際的な競争力の
ある優れた人材の養成が求められます。当科目はそれに応え、材料工学を専門と志す学
生に研究課題の取り組みおよびその完成を導くのに必要な指導を与えます。研究課題は
研究を指導する担当教員のもとで決定し。研究自体の実現は指導教員支援のもとでみず
からの創意と工夫が必要です。それにより「材料工学の新しい発展に係わる課題をみず
から見出す能力を養うと同時に、対象となる課題の解決法をみずから設定できる人材の
育成」を教育目標としております。新しい時代を開拓する研究・開発の実践力はon the 
job trainingが有効です。研究を通じて、文献調査、基本参考書の輪読、解析・実験と
その報告・討論、修士論文作成・発表、学会での研究発表と学術論文の作成などの教育
、さらに学術上の国際交流までを教育指導します。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 担当教員の指導のもと、日頃の密接な討論とともに課題への積極的な取り組みが必要
です。研究課題への精神的集中および日々における持続的努力が積み重なって新しい
展望が開かれ、成果が生み出されると思います。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成