授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 機械力学研究ゼミナール2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

尾崎 晃一 教授

橋本 巨   教授

楢林 達雄 教授

荻野 弘彦 准教授

落合 成行 准教授

森下 達哉 准教授





授業の目標
 機械力学は機械工学の基礎をなす力学群の一つであり,ニュートン力学をベース
としてこれを機械の運動制御に直接適用する方法を体系化したものです.元来は
機構の運動を詳しく調べ,論ずるのが主目的でありましたが,現在では計測・制御工
学,電気・電子工学,応用物理学,応用数学などの分野と不可分であり,これらの
専門分野との間に境界領域を形式しつつあります.本ゼミナールでは,複数の教員
ごとに小クラスを編成し,広範多岐にわたる機械力学分野の中でそれぞれの教員が
最も得意とする分野について詳しい講義と深い議論を行い,将来この分野の専門家
として活躍ができるだけの基礎力と応用能力を養うことを目標としています.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本ゼミナールでは少人数に分かれて深い専門性を追求し,十分な基礎力と応用能
力を養うことが主目的でありますから,常に自分で物事を考え抜き,自ら問題を設定・
解決する鍛錬を行うことが肝要です.
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成