授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 機械加工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

神崎 昌郎 教授
授業の目標
 学部の授業で学習した「機械加工学」関連の講義をベースに,実際の産業界で実
施されている切削加工を中心として学びます.機械加工を必要とする材料(被削
材)の特性,必要とされる精度や表面状態,それを実現するための具体的な機械加
工法の基本的メカニズム,使用される装置・工具の特徴や得られる加工性能,さら
に加工特性の評価法などについて学習します.これらの学習を通して機械加工技術
の全体像から固有技術の特徴までを系統的に把握し,実社会で直ちに役に立つ知識
を身につけることを目標としています.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本講義で得られる知識は,常に進化し続ける実社会の生産現場で現実に実施されてい
る機械加工技術に関するものであり,就職後もそのまま活用することができる知識で
す.したがって,予習・復習を十分に行って確実に理解すること,さらに,新聞・雑誌・
インターネット等を通じて関連する分野の技術動向を常にウォッチし,講義内容と照合
させるという習慣をつけることが望まれます.

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成