授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 高エネルギー加工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

香川 勝一 教授               
   
   

授業の目標
  加工の分野における最近の大きな流れの一つに,固有加工技術の極限に向かっての動
きがある.加工技術の極限に向かうということは,加工単位の極限に向かうということ
であり,加工単位が小さくなるにつれて加工エネルギーは増大していく.従来の切削加
工,塑性加工等の加工法は力学エネルギーを用いるものが多く,高抗張力・耐熱材料の
加工や,微細加工,超精密加工等の加工を行うことは困難なことが多い.そこで,電気
エネルギー,化学エネルギー等を用いる高エネルギー加工法が開発されてきた.本科目
では,高エネルギー加工法の一つである放電加工法を取り挙げ,その加工原理,特徴,
加工精度等について理解を深めることを目標としている.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

  従来の加工法,他の高エネルギー加工法,材料等についても理解を深めるよう努力す
ることが重要である.
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成