授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 弾性力学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

北澤 敏行 教授


授業の目標
 弾性力学特論は、材料力学で学んだ基礎知識を、弾性体の応力や変形(ひずみ)
の関係(フックの法則等)を更に深く追求する学問であり、材料力学の知識だけで
は解決困難な問題、すなわち、実際の機械および構造物等の強度問題を理論的に解
くための基礎となる学問である。今までは、機械設計技術者や研究者は機械や構造
物等の強度設計計算に当たっては、材料力学で学んだ基礎知識だけでは十分であっ
たが、現在は材料力学の知識だけでは十分な計算結果を求めることは困難であり、
更に進んだ解析能力が要求されるようになっている。
 本講義は、材料力学ですでに学んだ知識を基礎として、材料力学の知識のみでは
解決できない問題を解決するための解析法を解析例を示しながら講義し、問題解決
能力を高めることを目的としている。 
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 これまで学んだ材料力学・微積分・微分方程式・その他の力学の基礎知識をよく復習
しておくこと。また、講義内容を復習し、自ら演習を行い理解する努力が必要である。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成