授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 浮遊生物学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

澤本 彰三


 
  
授業の目標
 浮遊生物は、水圏における生態系の低位にありながら、その系の物質循環に大き
く貢献している。これは、この生物群が多様な分類群から構成されることとその個
体の大きさが数ミクロンから約2メートルもあることから推定できるように、形態や
生態が変化に富むことにも関係している。浮遊生物学特論Tでは、海産浮遊生物を
構成する分類群の形態とこれらの生物の調査・研究の実際を扱う。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 浮遊生物が多様な分類群から構成されていることとその調査・研究手法には様々
なものがあることを知り、海洋生態系は身近であると理解することが大切である。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               水産学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成