授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 水産増殖学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

鈴木伸洋
授業の目標
 水産増殖に関わる研究を意図する学生に対して、課題抽出を中心に話題を提供す
る。水産増殖は海の幸を持続的かつ最大限に利用することによって人々の生活に寄与
することを目的としている。従って乱獲・乱開発の防止、国から個人レベルまでの権
益の保護、水域環境の保全、漁場の造成、種レベルの生物学的知識の集積、生態系へ
の配慮など極めて広い範囲からの問題が提起されている。
 この講義は種苗生産技術や栽培漁場における調査・研究ならびに、その分野の社会
ニーズと研究現状を概説する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 アジェンダ21に掲げられている持続的開発の概念はそのまま水産増殖に当てはまる
ものである。そこで水産増殖に関係する研究業績は欧米始め世界各国でも急増してい
る。学生は先導的環境で知識と技術を研鑽出来ることを自覚し、広く世界へ発信できる
成果を収めるよう心がけて欲しい。

学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               水産学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成