授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 漁場学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

岡田 喜裕 
授業の目標
 漁場学特論1同様、水産資源の持続的開発を維持するため、様々な人工衛星デー
タや実際の漁場データを用いて漁場環境について考える。授業は資源の有効利用を
図るため、計画生産の確立に必要な場の選択に関する論文のレビューを中心に行
う。具体的には漁場予報の事例、浮魚の漁場形成、変動、形成機構を扱った論文を
対象に、内容の理解、説明、検証により、漁場学の応用的な能力を養う。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 漁獲対象魚類の分布と漁場環境を対応させることに始まる。浮魚種の漁場分布や
 年変動に関心を持って触れることが理解を深める一助けとなる。


学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               水産学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成