授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 水産遺伝学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

瀬崎 啓次郎

授業の目標
今日の日本の水産業は、完全養殖や人工種苗の生産と放流などが年毎に増加し、遺伝学
的研究が重要になっている。また、漁獲や環境により増減する水産資源の単位である集
団の把握にも遺伝学的研究は欠かすことが出来ない。この講義では、水産生物の遺伝的
管理などに特に重要な分子生物学的な多型とその分析法、集団遺伝学分野を理解するた
めの基礎から話をして、水産遺伝学特論IIの輪読に備える。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

講義の項目名下記の通りである。
1.メンデル集団と集団遺伝学
2.集団の遺伝的組成とハーディー・ワインベルグの法則
3.ハーディー・ワインベルグの法則を乱す要因
4.水産生物での遺伝的多型血液型、アロザイム、mtDNAの制限酵素切断型多型、核DNA
の塩基配列多型、ミニサテライトとマイクロサテライトの多型
5.集団内の変異の指標、変異の維持と保有の機構
6.海産無脊椎動物、魚類、海産哺乳類での集団構造と遺伝的平衡
7.種苗の移植、放流が自然集団に及ぼす遺伝的影響
8.量的形質の遺伝と育種1
9.量的形質の遺伝と育種2
  出来るだけ前もって勉強して問題点、疑問点を抽出しておいて講義に参加することが
望ましい。

学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               水産学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成