授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 水産遺伝学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

瀬崎 啓次郎
授業の目標
水産遺伝学特論I.で培った基礎知見を基に、各種の水産脊椎あるいは無脊椎動物の自然
あるいは人工継代系統あるいはこれらの相互作用についての遺伝学的な研究報告を講読
する。論文は国際誌に発表されたものを選んで行なう。研究者にとって基本的な英文論
文の読み方と書き方について、講義の当初に話す。各自が1時間に1報ずつ内容の説明
と論議を行いながら、進行する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

  口頭発表の仕方も研究者にとっては大切なことである。論文の内容が出席者に良く判
るようにプリント等を用意して論文の紹介、論議を行なう。内容の理解に必要な引用論
文にも目を通しておくことが好ましい。論文は多く読むことによって、実践的に慣れて
、読み書きが身につくものである。労をおしまないこと。この機会に、座右におく適切
な辞書、専門用語辞典も、持てるようにする。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               水産学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成