授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 魚族初期育成学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

秋山信彦 

授業の目標
 魚族初期育成学特論1では総論的要素が強いが,本特論では各論的要素を強くす
る.本特論では,水産飼育実験室もしくは学外試験研究機関で,水族の育成もしく
は採卵の実習を行う.材料とする魚種と季節は年によって変更する.水産飼育実験
室を利用した餌料生物の培養や,水族の初期育成の実習を行う.基本的には学内で
実習を行える魚種を選定するが,年によっては他施設にいって実習を行う場合もあ
る.講義では実習を行う魚種について詳細な育成方法について講義する.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 水族の繁殖生理について,予め調べておく必要がある.
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               水産学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成