授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 底生生物学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

木村 賢史
授業の目標
底生生物とは水底を生活の基盤とした生物群の総称である。底生生物には海洋生物の
90%以上が含まれている。そのため、水産資源上重要種とされる種も多く含まれて
いる。また、生物は海から誕生したため、原始的な種も多く、その大部分が底生生物
に含まれている。
 以上のことから、まず底生生物に関する研究史を含めた全体像を学び、採集・調査
方法を把握し、その結果を用いた群集区分および群集の多様性(複雑さ)・統計的空
間分布様式・群集の時間的変化などを学ぶ。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

生物の知識のみならず、基礎的な統計処理を理解して履修すると良い.
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               水産学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成