授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 魚類学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

福井 篤
授業の目標
 魚類は世界に約25000種が知られ、現在の海洋で最も繁栄し、生態的にも重要な
位置を占めている生物群集の一つである。有用種を多く含む水産生物として、特にわが
国では人生との関わりも深い。魚類の系統進化、適応放散、生態、生活史に関する知識
と関心なくして海洋を理解するのはむしろ困難である。本科目はまず、水生脊椎動物と
しての魚類についての生物学的な基礎知識の再認識を求める。さらにその生態と生活史
について、環境との関わりを顧みながらやや詳しく説明し、魚類に関する包括的系統的
な知識と理解を通じて、海洋環境への関心を深めることを目的とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 学部在学中の魚類学、系統進化学、水族生態学、資源生物学の内容を十分に復習してお
くこと。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               水産学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成