授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋遠隔探査工学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員名 岡田 喜裕

連絡先 清水校舎8号館4階8444教室(内線3422)
授業の目標
 リモートセンシングの応用を学ぶ。現在、地球環境の変動について海洋学の立場か
ら監視する場合、人工衛星を用いたリモートセンシング技術が不可欠である。人工衛
星を利用した海洋のモニタリング技術が、急速に発展をしてきた段階は、海洋遠隔探
査工学Tの講義で言及するが、人工衛星によるリモートセンシング技術のうち、最も
発展し、今や実用化の段階に入っている技術が、人工衛星を用いた海面水温計測であ
る。本講義は、海洋遠隔探査工学特論Tの発展編として、この人工衛星による海面水
温計測に焦点を絞り、実際の情報解析方法とその応用方法について、「人工衛星デー
タを、どのように用いたら、役に立つのか?」の理解を目標に、講義を進めていく。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本講義履修の以前に、海洋遠隔探査工学特論Tの修得が望ましい。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成