授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 超音波工学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員  斎藤繁実

連絡先   清水校舎8号館4階8440研究室(内線3426)
授業の目標
超音波は水中だけでなく、固体中も伝わる。この固体中の超音波が計測や通信にお
いて重要な応用分野を占めている。本講義では、固体中の超音波の伝搬について基
礎的な事項を学び、海洋工学においてもしばしば現れる固体中の超音波に抵抗なし
に対処できる能力を養うことを目標とする。また、近年、超音波の応用の中で重要
な概念となりつつある、非線形音響伝搬の基礎も学ぶ。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

超音波伝搬について問題意識をもつことが、本質を理解する上で、最も重要であ
る
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成