授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋数値実験法特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

久保田雅久

清水校舎8号館4階8426(内線 3432)
e-mail:kubota@mercury.oi.u-tokai.ac.jp
授業の目標
数値実験は海洋や気象の分野のみならず、土木や海洋構造物の分野などでも広く
用いられている重要な研究手法である。世界最初のコンピューターが20世紀半ば
に登場したときから、天気予報はコンピューターの最も重要な応用分野として位置
づけられていたこと、あるいは現在の天気予報は数値予報とも呼ばれるように、
スーパーコンピューターを駆使して行われていることからも、この分野におけるコ
ンピューター利用技術の重要性は明らかである。そこで、この授業で
は移流型方程式の性質を論じるとともに、1次元静振の数値実験を具体的に実行し、数値解と解析解の比較を
行う。その比較結果から数値実験の特性や限界を理解することを目標とする
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

海洋数値実験法特論の履修は仮定されている。また、フーリエ解析についても理解していることが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成